2022年06月29日

梅雨明け

ヤギ爺です。
今日はガンガン照りだね。
もう、盆トンボが飛び交っているよ。

昨年の梅雨は、5/11入り〜7/11明けまでの59日。
今年は、6/11〜6/27までの僅か16日間!
台風にでも期待しないと各地で渇水問題が発生する可能性が大だね。


371F0154-3C80-4CC2-9137-018E429C52BE.jpeg
夕食中の烏骨鶏たち。
7羽は畑、2羽は抱卵中だが、不真面目?に温めている。

57AD63A4-3355-4DB3-B667-09EC295C4DDA.jpeg



posted by くろまめ at 21:09| 日記

2022年06月16日

ヒヨコ誕生

ヤギ爺です。
昨日、1羽の孵化を確認。孵化予定日はセット後21日目の今日なんだが。
早めの誕生だ。


ED6A26E8-9A9B-4275-A8CF-83C31AD8BF77.jpeg

9卵のうち、2個は1日遅れのセットなので17日の孵化予定。

蜂は一番奥の巣箱に入っている。

AFA72A96-ED31-4DC7-8E7B-996EB642CDDC.jpeg

個体数が多いので分蜂(新しい女王蜂が生まれると古い女王蜂が一定数の群れを連れて新天地を求めて巣から出ていく)するかもしれないので、もうはち1箱柿木の下に据えることにしている。

うまくいけば、今年の秋には3〜4升の山蜜(百花蜜)が採れること間違いなしか!乞うご期待!


posted by くろまめ at 10:35| 日記

2022年05月25日

人工孵化にトライ

烏骨鶏の卵の人工孵化にトライ。
一つの小部屋に9羽の鶏が寝るので,抱いた卵を転がしてたり,小屋の外へ落としたり、生まれた雛を圧迫死へおいやったり、ヤギがわずかの隙を狙って小屋に入り鶏の餌をあさり、卵を撹乱するので、極めて羽化率が低い。

クーラーボックスで温湿度の具合をみてから有精卵を静置。
温度27〜28℃、湿度50〜70%、8時間おきに転卵(90度、ただし18日目までは)すると21日目にヒヨコが生まれるらしい。

いろいろトライして楽しみにしている。

9232D42D-5F97-4C04-B619-ADC3463D8B6E.jpeg

8DC0BEB9-BDAF-4F00-8D72-F621329C32E1.jpeg


posted by くろまめ at 19:49| 日記

2022年04月08日

家の周りは花盛りです。

お久しぶりです。ヤギ爺です。

庭のモクレンが咲きました。

CBD46564-DB39-435E-8F83-EF0763739745.jpeg


藤の花も咲き家の周りは花ざかりです。


5C5FB49B-70C2-47F8-A8AC-A086F99464B8.jpeg

キンリョウヘン(金稜辺)も開花まぢかです。


7F908340-B6C3-40A5-B5B7-7659C04240FA.jpeg

ミツバチの分蜂群を待つばかり。

B9BB6FED-68D4-46E5-B8BE-612455DB9535.jpeg

4097A8CB-4F5F-410A-B998-57BBB11927F0.jpeg

赤い桃の花は散ってしまいました。

770A7EDB-2109-4853-96F6-D7C59A82F628.jpeg

721E0165-91E4-4598-A58E-A676631D5297.jpeg


今朝、ヤマガラのツガイが家の周りを長いあいだ忙しく飛び回っているのを見ました。栄巣場所を探していたのかもしれないなあ。


posted by くろまめ at 17:04| 日記

2022年02月15日

婆さんと子ヤギと母さんヤギ

今日は風が強く吹いていますが風裏は比較的暖かいです。

物置を背にして新聞を読んでいます。


990E7D69-5B54-4C21-B069-6FA8510A5A9B.jpeg

よしみ爺さん(明治5年生まれ)も田んぼの石垣を背にして新聞を読んでいたなぁ、と思い出してなんかとてつもうなく懐かしくなりました。ムシロの上に毛布を敷いてヌクヌクしちょりやったがぁ。

「隠居じいさんは爪を切ったり、ノミシラミを潰して遊んじょりやったよ」と幼かった子どもたちの思い出の中にあるようてす(笑笑)。


母さんヤギと子ヤギは新芽を食んでいます。

0DD201F0-8525-4321-9CF3-1B3CC04BAF66.jpeg

361B773C-0CBC-4F7F-BC53-4E4232EC8C2F.jpeg

動画 ↓


雄ヤギはこれから繁殖期になるので避難小屋に入れています。


posted by くろまめ at 16:51| 日記